静岡県の主要茶産地

0
    静岡の主要茶産地 本山(ほんやま)地区は、静岡市に流れる清流安倍川とその支流藁科川の上流域。鎌倉時代に、聖一国師が中国より持ち帰った茶の種をこの地に蒔いたと伝えられ、静岡で最古の歴史を持つ茶産地です。清流域の茶園は朝霧につつまれ、茶葉の繊維を柔らかく上質な物に育てます。上質な茶の持つ爽やかさと、ミネラル分を豊富に含んだ土地で育ったお茶がもつ旨みと香りは、本山茶 特有の物です。浜佐園は古くより中流域に工場を構え、厳選した茶葉を吟味しております。

    牧之原地区は、明治初期に徳川の幕臣や川越人足らの手により開拓されました。横浜港が開港され、当時緑茶が我が国の主要な輸出品になった事により、牧之原は日本最大の茶産地に成長しました。現在は、鮮やかな緑色の湯色と濃厚な味わいが特徴の深蒸し煎茶の産地として、その地位を確立しております。浜佐園は、日本茶輸出と牧之原開拓の歴史と共に歩んで参りました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    お電話でのお問い合せは

    フリーダイヤル:0120-021-470
    受付時間:平日9:00〜18:00

    Twitter

    selected entries

    categories

    recent trackback

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode