蒼風(そうふう)・静-印雑131・マニプリ15号 親子三代アントラニル酸メチルの香り

0
    浜佐園では、静-印雑131とマニプリ15号の苗木を育てております。



    静-印雑131は、注目の新品種の蒼風(そうふう)の花粉親です。実はこの品種は、数十年前に静岡県の茶業試験場の場長さんが、山の新品種として普及させようとしましたが果たせなかったそうです。おそらく狙いが早すぎたのでしょうね。しかしお茶の香りが注目される昨今では、期待の新品種の蒼風(そうふう)・藤枝かおり(民間育種)を筆頭にアントラニル酸メチルの香が注目されています。

    アントラニル酸メチルは、ブドウやジャスミンに含まれる香気成分で清涼感のある爽やかな香味が特徴です。

    静-印雑131の来歴を調べてみると、マニプリ15号と言うお茶の実生選抜である事を知りました。
    さらにマニプリ15号の事を調べてみると、大正11年に茶業試験場の職員であった、丸尾文雄氏がインドのマニプーリ地方に出張に行った際に持ち帰った茶の実を試験場で育てた物である事を知りました。


    蒼風(そうふう)・静-印雑131・マニプリ15号と、親子三代アントラニル酸メチルの香りのDNAは、今後益々注目される事になるでしょう!

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    お電話でのお問い合せは

    フリーダイヤル:0120-021-470
    受付時間:平日9:00〜18:00

    Twitter

    selected entries

    categories

    recent comment

    • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
      hamasaen (05/06)
    • 静岡紅茶 新ブランド開発に期待
      hamasaen (09/11)
    • ロンドンにも静岡茶 富士せん茶(Fuji Sencha)
      nori (08/10)
    • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
      hamasaen (04/13)
    • 八十八夜には新茶を送りましょう!
      hamasaen (04/13)
    • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
      hamasaen (04/13)
    • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
      hamasaen (04/03)
    • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
      hamasaen (04/03)
    • 農林水産省のホームページに浜佐園の日本茶輸出事例が紹介されています。
      hamasaen (04/03)
    • 深蒸し茶の里 掛川で毎年行われる 新茶マラソン
      hamasaen (02/23)

    recent trackback

    recommend

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode