新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!

0
    春と言えば桜ですが、桜が舞い始めると茶園は萌黄色に染まり
    いよいよ新茶のシーズンを迎えます。


    山間地では品質の高い新茶が栽培されています。
    より美味しいお茶をつくるために、薄い覆いを掛けることもあります。
    また、品質の良いお茶の葉は、
    葉にキズをつけないように一枚一枚、手で摘み取っています。
    手摘みでは、一人で一日に10kg程度の生葉しか摘むことができません。
    10kgの生葉を製品にすると約2kgになります。


    立春(2月4日)から数えて88日目の日を「八十八夜」と呼びますが

    昔からこの日に摘み採られたお茶を飲むと、無病息災の縁起物と言われております。 

          


    全国一位の茶園面積を誇る静岡では、一年の中でもっとも景色が素晴らしい季節でもあります。

    徳川家康公が愛した 【静岡抹茶】

    0

      徳川家康公が愛した 静岡抹茶


      江戸時代はじめの1607年、将軍であった徳川家康公は、
      この地に駿府城という立派な城を築き、世界各国と交流をおこないました。
      そのため家康公の時代は、静岡は実質的な日本の首都でもありました。


      そして家康公から始まった江戸時代は、
      世界史の中でも珍しい、250年もの間戦争のない平和な時代でした。


      家康公はお茶を好み、標高1200mの大日峠にお茶専用のお茶壷屋敷を造り
      この蔵で秋まで保管して味わったておりました。



      100%静岡産 加工/業務用静岡抹茶

      0
        浜佐園では100%静岡産の業務用抹茶をはじめ、有機抹茶・殺菌抹茶を販売しております。
        石臼では1時間に40g程度しか製造する事が出来ませんが、粉砕機械は作業能力が高く
        高品質な原料を、低コストで20ミクロン以下の業務用抹茶に加工する事が出来ます。
        業務用抹茶は粒子が滑らかでお点前用の抹茶には向きませんが
        食品素材としての安全性と、コストに大変優れます。
         
        お電話でのお問い合せは
        Tel: 054-251-1470(平日9:00〜18:00)
        営業部 担当:海野・和田まで

        徳川家康公が愛した 【静岡熟成茶】

        0
          徳川家康公が愛した 静岡熟成茶


          江戸時代はじめの1607年、将軍であった徳川家康公は、
          この地に駿府城という立派な城を築き、世界各国と交流しました。
          そのため、家康公の時代は、静岡は実質的な日本の首都でもありました。


          そして家康公から始まった江戸時代は、
          世界史の中でも珍しい、250年もの間戦争のない平和な時代でした。


          標高1200mの大日峠にお茶専用のお茶壷屋敷を造り
          この蔵で秋まで熟成させて味わっておりました。


          熟成させたお茶は、秋に大日峠から駿府城へと運ばれました。
          これが駿府お茶壷道中と言われております。



          徳川家康公が愛した静岡熟成茶は、

          静岡茶発祥の地 足久保茶の歴史

          0
             静岡の足久保で、お茶が作られ始めたのは、今からさかのぼること800年前の鎌倉時代。
            足久保出身の聖一国師(しょういちこくし)という僧侶が、
            中国から持ち帰ったお茶の種を故郷に播いたことが始まりと言われています。


            本格的な茶の栽培は江戸時代に始まったといわれます。大御所家康公はお茶を好み、
            標高1200mの大日峠にお茶専用のお茶壷屋敷を造り、5月に製造した新茶を
            秋まで熟成させたのち、駿府城へ運ばせ茶会を開いていたと言われております。


            その様子を再現したのが、駿府お茶壷道中行列(動画)です。
            さらに江戸時代中期の1681年には、足久保のお茶が御用茶として幕府に
            献上されていた記録が残っております。


            徳川家康公が愛した 【熟成本山茶】

            0
              徳川家康公が愛した 熟成本山茶


              江戸時代はじめの1607年、将軍であった徳川家康公は、
              この地に駿府城という立派な城を築き、世界各国と交流をおこないました。
              そのため家康公の時代は、静岡は実質的な日本の首都でもありました。


              そして家康公から始まった江戸時代は、
              世界史の中でも珍しい、250年もの間戦争のない平和な時代でした。


              標高1200mの大日峠にお茶専用のお茶壷屋敷を造り
              この蔵で秋まで熟成させ味わったておりました。


              熟成させたお茶は、秋に大日峠から駿府城へと運ばれました。
              これが駿府お茶壷道中と言われております。




              徳川家康公が愛した熟成本山茶は
              毎年11月3日文化日の内牧大茶会で味わう事が出来ます。

              静岡茶発祥の地 本山茶の歴史

              0
                本山茶は、静岡市に流れる安倍川・藁科川の上流域で生産されたお茶で、ミネラル豊富な土と、
                川霧に包まれた茶の栽培に適した自然環境の中で、大切に栽培されております。
                もともとは安倍茶と呼ばれておりましたが、起源は、鎌倉時代に東福寺を開山した聖一国師が、
                安倍山の足久保に種を蒔いたのがはじまりと伝えられております。
                また室町時代になると駿河の国でも、連歌師らの間で茶の湯が盛んに行われる様になり、
                守護大名にとってもお茶が重要な物となって行きます。
                江戸時代のはじめには、天下統一を果たした将軍徳川家康が、静岡の駿府に立派な城を築き世界各国と交流を行いました。
                その為、家康の時代の静岡は、江戸と並ぶ政治・経済の中心地として繁栄しておりました。
                家康からはじまった江戸時代は、世界史の中でも珍しい250年もの間、戦争がな無い平和な時代でした。
                家康はお茶を好み、標高1,000mの安倍山の大日峠にお茶を保管させ、
                春に摘んだ新茶を、秋まで 熟成させ味わったそうです。この時代の茶会は政治的にも大きな役割があり、
                お茶は大切に扱われました。    「静岡市が行う、駿府お茶壷道中行列(動画)です。」
                家康が亡くなると、大日峠へのお茶の保管は途絶えてしまいましたが、
                天和元年(1681年)からは、御用茶として徳川幕府に献上される様になり、
                足久保には幕府の特権を持った御茶小屋が作られました。

                徳川家康公が愛した 【静岡本山抹茶】

                0
                   徳川家康公が愛した 静岡本山抹茶


                  江戸時代はじめの1607年、将軍であった徳川家康公は、
                  この地に駿府城という立派な城を築き、世界各国と交流をおこないました。
                  そのため家康公の時代は、静岡は実質的な日本の首都でもありました。


                  そして家康公から始まった江戸時代は、
                  世界史の中でも珍しい、250年もの間戦争のない平和な時代でした。


                  家康公はお茶を好み、標高1200mの大日峠にお茶専用のお茶壷屋敷を造り
                  この蔵で秋まで保管して味わったておりました。



                  静岡茶を世界に売った男

                  0
                    書籍「静岡茶を世界に売った男」で紹介されている、海野孝三郎氏は、徳川家康公がお茶壺屋敷の管理を任せていた海野弥兵衛(元定)の子孫にあたります。
                    孝三郎氏は、黒船来航をきっかけに開国をした我が国で盛んになった日本茶輸出を、静岡の港から直接輸出させる事に貢献した人物です。当時は茶産地である静岡から小さな船や馬車で、貿易港である横浜港まで運んでいましたが、品質向上・コスト削減化を目的として静岡市の清水港を「開港外貿易港」に指定して貰う様に政府へ働きかけをします。
                    清水港が貿易港に指定された事により、明治42年には、浜港を抜いて清水港が輸出量トップとなります。そして大正6年には全国茶輸出量の70%を占め、名実共に日本一の日本茶輸出港となります。

                    安倍七騎の一人と言われる朝倉在重と静岡茶の関係

                    0
                      静岡市葵区柿島の朝倉在重(あさくら ありしげ)は、越前大名の朝倉家の分家で
                      戦国時代は、安倍七騎として武田軍の精鋭部隊として活躍をしたと言われています。
                      江戸時代には、朝倉六兵衛(在重)は海野弥兵衛(元定)ともに御用茶を保管するお茶壺屋敷
                      管理を徳川家康公から任されていた様です。また朝倉・海野家の子孫も
                      その後の静岡茶の歴史に深く関る事になります。

                      柿島には、朝倉屋敷跡と屋敷を望む高台には墓所があります。


                      より大きな地図で お茶のまち静岡 を表示




                      | 1/5PAGES | >>

                      お電話でのお問い合せは

                      フリーダイヤル:0120-021-470
                      受付時間:平日9:00〜18:00

                      Twitter

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
                        hamasaen (05/06)
                      • 静岡紅茶 新ブランド開発に期待
                        hamasaen (09/11)
                      • ロンドンにも静岡茶 富士せん茶(Fuji Sencha)
                        nori (08/10)
                      • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
                        hamasaen (04/13)
                      • 八十八夜には新茶を送りましょう!
                        hamasaen (04/13)
                      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
                        hamasaen (04/13)
                      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
                        hamasaen (04/03)
                      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
                        hamasaen (04/03)
                      • 農林水産省のホームページに浜佐園の日本茶輸出事例が紹介されています。
                        hamasaen (04/03)
                      • 深蒸し茶の里 掛川で毎年行われる 新茶マラソン
                        hamasaen (02/23)

                      recent trackback

                      recommend

                      recommend

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode