新海苔が届きました

0
    恒例の新海苔が届きました。そうです!炙ると透明で鮮やかな緑色になる「あの」新海苔です。
    首が長〜くなってしまったお客様とうとう入荷です。
    新海苔?という方もいらっしゃるかと思いますが、海苔は海の天産物です。市場には季節を問わず出回っていますが、海苔にも旬があります。
    海苔は11月頃から摘み取りが始まり、3月中旬(ごく一部の産地では4月中旬)まで続きます。
    11月頃に流通を始める一番最初に摘み採られた海苔は「新海苔」と呼ばれ、やわらかく、香り高い風味が特徴です。
    茶商である浜佐園が海苔を扱ってる由縁もここにあります。
    そうです。お茶の繁忙期と海苔の繁忙期を組み合わせることが古くからの茶商の習わしになっているのです。
    この新海苔で、海苔の醍醐味を存分に御堪能ください。OnlineSHOPへ
    浜佐園の新海苔浜佐園の新海苔 炙って透明な緑色になったものと炙るのもの
    ↓美味しさを保つ保存方法はこちら↓

    三人吉三と節分と新海苔

    0
      月も朧に白魚の かがりも霞む春の空 冷てぇ風もほろ酔いに 心持よくうかうかと 浮かれ烏のただ一羽 ねぐらへ帰ぇる川端で 棹の雫が濡手の粟 思いがけなく手に入る百両。
      ほんに今夜は節分か 西の海より川の中 落ちた夜鷹は厄落とし 豆沢山に一文の 銭と違って金包み こいつぁ春からぁ 縁起がいいわぇ。
      河竹黙阿弥[三人吉三廓初買 序幕 大川端庚申塚の場]
      茶の花
      浜佐園の新海苔節分は、季節の始まりである(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、季節の変わり目に生じるとされる邪鬼を追い払う慣わしです。現代では立春が代表的ですね。

      節分といえば、柊の枝に鰯の頭を刺して、豆を撒くのが馴染み深いところですが、ここのところ恵方巻きという愉しみもありますね。この恵方巻きについては、海苔で健康推進委員会に詳しい解説があります。

      出来合いの恵方巻きでも良いのですが、七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、海苔はやっぱり自分で炙ったものが最高の香りを愉しめます。
      新茶と同じく海苔にもがつく新海苔があります。つまり今は絶好の海苔の旬。香り豊かな新海苔を御賞味ください。

      そろそろ暖かくなってきます。茶業界が活気づく季節、忙しいという文字のように心を無くすことなきよう、毎日を丁寧に務めて参ります。

      | 1/1PAGES |

      お電話でのお問い合せは

      フリーダイヤル:0120-021-470
      受付時間:平日9:00〜18:00

      Twitter

      selected entries

      categories

      recent comment

      • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
        hamasaen (05/06)
      • 静岡紅茶 新ブランド開発に期待
        hamasaen (09/11)
      • ロンドンにも静岡茶 富士せん茶(Fuji Sencha)
        nori (08/10)
      • 母の日には新茶ギフトを送りましょう!
        hamasaen (04/13)
      • 八十八夜には新茶を送りましょう!
        hamasaen (04/13)
      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
        hamasaen (04/13)
      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
        hamasaen (04/03)
      • 新茶の製造工程【萌黄色の茶園が広がる静岡】新茶前線到来!
        hamasaen (04/03)
      • 農林水産省のホームページに浜佐園の日本茶輸出事例が紹介されています。
        hamasaen (04/03)
      • 深蒸し茶の里 掛川で毎年行われる 新茶マラソン
        hamasaen (02/23)

      recent trackback

      recommend

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode